電子書籍を買いはじめた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

kindleは持っていましたが、もっぱら普通の本、いわゆる活字ばかり。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー

ただ、最近になって外出も減っていたので、暇な時間が増えたため、ついに漫画に手を出してしまいました。

漫画はやはりkindleでは読みにくいため、もっぱらタブレットで読んでいます。

これが快適すぎる。

実際にコミックを持っているものまで電子書籍で買いなおしてしまった。

後になって、ちょっと調子に乗りすぎたなって後悔してます。。。。

でも、本当に快適。

漫画こそ電子書籍にすべきものかもしれません。

活字の本は1冊読むのに何日もかかる場合がほとんど。

仕事が忙しかったりしてあまり本を読めないときなどは、一か月くらいかかってしまうときもあります。

こんな時は、本1冊を持っていればいいだけ。

1冊持っていれば、予定が変更になって、急に1時間くらい空き時間が出来ても、読書で有意義に時間をつぶすことが出来ます。

この本のかわりにkindleを持っていても、同じ。

kindleのほうが軽いし、本を選べるというメリットがあるのは間違いないのですが、物としての重さやかさばり具合としては、紙の本とそれほど大差ありません。

対して、漫画の場合。

漫画は、ものによっては、私の場合、1時間で何冊か読んでしまうこともあります。

特に、すでに一度読んだことがあるものだったりすると、サーっと流し読みだけするときなど、あっという間に1冊が終わるときがある。

そうなると、漫画の場合は、何冊も持っていないといけないということになる。

まあ、自分の気持ち次第なのですが、1冊読んで続いていると、どうにもその先が読みたくなって気になる。

時間があるならもうちょっと読みたい、ということが多いです。

こんな時にkindleならば、常に全巻を持っている状態でいられるというのは、本当に気分がいい。

外出のときだけでなく、家で寝転がって読んでいても、巻を入れ替えに動く必要もまったくなく、次の巻を読むことが出来ます。

便利すぎる。

しかも、巻数が多いものだと、読んでないときの家の中での存在感もすごくって、このあたりも非常に気になるところなのですが、電子書籍なら基本的に存在感ゼロ。

家族にマンガの買いすぎを咎められることもありません。

そのせいで買いすぎてしまうという弊害はありますが。。。

漫画の電子書籍は、アマゾン以外にもたくさんサービスがあるため、最初はどこにしようか悩みましたが、私の場合、アマゾンでの買い物頻度が一番高いため、そのままアマゾンとしました。

使っていて感じるのは、まったく問題はないということ。

これまで、読みたい漫画でなかったものは、はじめの一歩くらいです。

はじめの一歩は、電子書籍としてはどこにも無いようなので仕方ない。

120巻くらいまで出ていたと思うので、買わずに済んでちょっとラッキーかも。

それにしても、電子書籍の恐ろしさを実感しています。

新刊が出たときに、書店に行くこともなく、タブレットで普段のアマゾンでの買い物と同様に購入。

すぐに読めてしまうので恐ろしい限りです。

ちなみに、漫画はやはり普通の液晶タブレットで読むほうが読みやすいかも。

結局、家で読むなら、kindle paperwhiteではなく、タブレットのkindleアプリで読んでしまっています。

ページ送りの頻度が高い漫画ではkindleは少々厳しいです。

最近は、PCやタブレット、その周辺機器にもこれといって不満がなく、あまりIT関連の機器を買わないので、これからは読んだ漫画の感想なども書いてみます。

ベルセルク、途中で終わってしまった。

一番続きを楽しみにしていた漫画でした。

悲しすぎます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました